IT業界で希望職に就きたい

IT業界で働きたいと思っている人にとっての悩みは入社後に自分の希望する職種で働けるかどうかではないでしょうか。

せっかく就職したのに希望する職種で働けないのではやりがいも薄れるものでしょう。それでも会社の希望もありますから自分の希望だけにこだわってはいけません。自分の希望はしっかりと伝えて、その希望が将来的にでも叶うのかどうかの確認はしておきましょう。この時には遠慮せず、自分の希望する職種をきっちり伝えなくてはなりません。

希望とは違う職種ができるかどうか聞かれるかもしれませんが、できるかどうかを正しく伝えるとともに、自分の希望職種のアピールも忘れないで置きましょう。入社して自分の希望と違う職種で働く事になることも少なくないでしょうけど、やる気を失ってはいけません。やってみると意外とそっちの仕事が楽しく思えてきたり、後々に必ず役に立ってくるでしょう。

スキルの幅が広がるということは、それだけ仕事の幅が広がることにもつながりますから自分にプラスになるでしょう。そして、何年か経って自分の希望していた職種を任されるようになった時に、それまでの経験が意外な所で使えたり、違った視点から物事が見えたりします。自分の希望だけにこだわるのも悪くはないですが、少し目線を変えてみてはどうでしょうか。さまざまな経験はきっと今後の仕事にも役に立つことでしょう。

一つの分野のスペシャリストになるのも良いですが、マルチスキルを身につけるのもいろんな知識が身についたり新しい人脈ができたりとメリットもたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go to top